オルカジャパンネクスト

オルカジャパン

その浮気の確認の仕方危ないです!してはいけないNG質問とは

浮気を確認するためにはNGの質問があります!
 

 
浮気を疑ってる段階で、何気なく「浮気してるでしょ」と聞いてみたり、怒りに任せて「最低!」と罵ったり、それらの質問をしてしまうことは危険です。
 

 
では、夫に浮気を認めさせるためにしてはいけない「NG質問」とは何なのかを伝えていきます。
 

 
□質問する上で欠かせないこととは
 

 
*確実な証拠を持って質問しましょう
 

 
夫の周辺人物に最近の夫の動きをヒアリングしてみましょう。
得た情報の中には、夫があなたとの会話で言っていたことと異なる事実を発見できるかもしれません。
そして、質問する際にはその事実を提示した上でしてみましょう。
 

 
この際には絶対に落ち着き冷静に会話を進めることです。
感情的になってしまっては、会話が成り立たなくなり、夫に言い逃れされてしまう可能性があります。
また、浮気を確認するのに、やってはならないNG質問があるのです。
 

 
□NG質問
 

 
夫に浮気を認めさせようと質問するはずが、ごまかされてしまうような質問があります。
 

 
・感情的になった状態での質問
 

 
夫が浮気をした事実を裏付ける証拠がないと、容易にごまかされてしまいます。
例えば、「この前携帯を見たけど、あの女の人は誰なの?」と質問をしたとしても、夫に「ただの古い友人」とでも言われてしまえば、それ以上真意を確かめることはできません。
しかし、もしこの状況で2人がホテルに入って行く写真など決定的な証拠を持っていれば、言い逃れをすることはできなくなります。
 

 
疑いの段階で怒りに身を任せて、感情的に問い詰めれば、夫はもちろん反対しお互いヒートアップした会話になるでしょう。
そして、万が一パートナーが本当に浮気をしていなかった場合、結婚生活が崩壊する可能性すらあります。

なのでできる限り確証を持って冷静に会話していきましょう!
 

 
□なぜNG質問してはいけないか
 

 
NG質問によって、夫に言い逃れられてしまうかもしれないからです。
夫は一度言い逃れできれば、警戒し、あなたにわずかな隙も見せなくなり、今後の調査が難しくなる危険性があります。
そのような状況になれば、浮気の事実を証明できなくなるでしょう。
 

 
では浮気の証拠とはどのようなものでしょうか?
 

 
・メールやSNSのチャットの画像
・ラブホテルへの出入り写真
 

 
などが有効的です。
 

 
料理屋の領収書なども証拠の1つですが、それは他の証拠を補完する証拠である場合が多く、単体での効果は低いです。
ラブホテルの会員証や利用明細などは証拠として使える場合もあります。
これらの証拠を押さえた上で、確認しましょう。
 

 
証拠のない質問は、ただの推測の域で留まってしまいます。
夫にクリティカルな質問をするためには、事実を裏付ける証拠が欠かせません。
時間はかかるかもしれませんが、しっかりと証拠を手に入れた上で質問に乗り出すようにしましょう!