オルカジャパンネクスト

オルカジャパン

浮気が原因で離婚するのに慰謝料がもらえない!?そのケースとは?

夫の浮気が発覚したけれど、この場合慰謝料はもらえるのかな。
浮気による離婚で慰謝料がもらえないことってあるの?
 

 
このように、浮気が原因で離婚する場合で慰謝料がもらえない場合はあるのか不安な方はいらっしゃいませんか?
基本的には浮気された場合、夫と浮気相手に慰謝料を請求することは可能です。
 

 
しかし、自分自身にも問題があった場合などでは、慰謝料を請求できないことがあります。
そこで今回は、浮気が原因で慰謝料を請求できないケースについてお話しします。
 

 
□離婚の時にもらえる慰謝料の種類
 

 
離婚する際にもらえる慰謝料の種類には、大きく分けて2種類あります。
 

 
*離婚原因慰謝料
配偶者の浮気や暴力を振る舞ったことによって精神的苦痛を受けたことに対する慰謝料のことです。
 

 
*離婚自体慰謝料

離婚をすることによって配偶者の地位を失うという精神的苦痛を受けることに対する慰謝料のことです。
結婚して長年妻として生きてきたのに、離婚して再スタートを切るのは、ショックが大きくかなり辛いでよね。
 

 
□浮気による離婚でも慰謝料が請求できないケースとは
 

 
*浮気の証拠がないため、慰謝料を請求できなかったケース
 

 
夫の浮気が発覚しても、写真やメールなどの証拠のも関わらず、離婚に至っても慰謝料を請求することはできません。
浮気がバレたことを知られてしまうと、慰謝料を請求できないように、離婚が成立するまで愛人と会うことを控えてしまうこともあります。
 

 
証拠がない場合は、密かに証拠を集めてから離婚を切り出すようにしましょう。
 

 
*夫婦関係がもともと悪かったケース
 

 
浮気をした原因を考えてみましょう。
以前までは夫婦関係が良かったにも関わらず、愛人に惹かれてしまって浮気をした場合は、慰謝料を請求することができます。
 

 
しかし、すでに夫婦関係が壊れており、それによって浮気に至ったのであれば、浮気相手には責任はないため慰謝料を請求することができません。
 

 
*浮気相手が、配偶者が既婚者であることを知らなかったケース
 

 
浮気相手が、相手のことを既婚者だと知らずに交際していた場合、慰謝料を請求することができません。
しかし、既婚者であることが把握できそうであったのにも関わらず、独身であることを信じてきた場合は慰謝料を請求できることもあります。
 

 
以上、浮気が原因で慰謝料を請求できないケースについてお話ししました。
浮気を立証するための有利な証拠を掴むことは、自分一人ではなかなかできないことです。